蜑阪∈
谺。縺ク

離婚の手段の一つである離婚裁判

離婚裁判は、協議離婚で離婚条件がまとまらず、離婚調停や審判でも離婚が成立しなかった場合に行われるもので、裁判所を利用して判決を得るものです。
離婚の手順は大きく分けると3種類あります。
それは、「協議離婚」と「離婚調停」、「離婚裁判」です。
協議離婚は、夫婦で話し合いをしてお互いに離婚後合意したら「離婚届」を市区町村役場に提出して離婚するもので、日本の約9割の人がこの手法で離婚しています。
審判離婚や裁判離婚とは異なり、離婚するための法的な理由に関係なく、夫婦が離婚について合意し、離婚届を出すだけで、離婚が成立するのが特色です。
手続きが簡単で費用もかからないのがメリットです。
離婚調停は、先に記載した協議離婚で決着がつかない場合に、調停委員という第3者を交えて離婚を進める手法で、別名「夫婦関係調整調停」とも呼ばれています。
夫婦間のトラブルの内容や離婚の理由に関係なく、誰でもが申し立てできます。
離婚裁判は、離婚調停を試みて、それでも不成立に終わった時、夫婦の片方が家庭裁判所に離婚の訴えを起こすものです。
夫婦がそれぞれ、原告・被告となり裁判所で戦うこととなります。
裁判費用はおよそ2万点程度、弁護士をつけるとその費用は100万円〜200万円です。

Page Top