蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判はまさに最終手段

離婚をするときにはお互いに同意があれば基本的にはそのまま離婚届を出すことによって実現することができます。
それこそ結婚ですが別にお互いの同意に基づいて役所に提出をするというだけで実現可能なわけですから離婚に関してもそういう手続き上のことは意外と簡単にできます。
しかし、同意があれば、ということでもあります。
結婚が勝手にできないということと同じように、離婚も片方の意思だけで勝手に行わせることができないようになっています。
お互いに義務が生じるからこそ、結婚というのは契約であり、きちんと戸籍に記録されるものなわけです。
しかし、それでも離婚がしたくなるということはあるでしょう。
そして話し合いに応じないという相手もいたりするわけでそんな時に調停離婚ということになります。
しかし、調停離婚ですら話がまとまらなかった場合に離婚裁判ということになります。
離婚裁判は非があるほうが訴え出ることはできない、ということも特徴の一つとしてあります。

Page Top